私が金属加工の世界に飛び込んだ経緯

ときは2005年。
愛知万博開催。

当時、ハードな残業と、無茶な転勤に疲れて前の職場を去った
私は、仕事も見つからずに鬱々とした日々を送っていました。
(前の業種はサービス業系)

何もしないでいることにも耐えかね、気分転換に愛知万博へ。
愛知万博といえば、トヨタ
トヨタといえばものづくり

万博の興奮冷めやらぬ私は、トヨタ式に関する本を手に取りました。

それまで、ものづくりと言えば、手先が器用か、体力勝負の
工場仕事のイメージ。

器用でなければ、体力もない私には縁の無い世界だと思っていました。
しかし、トヨタ式の極意はアイデア勝負。
なんだかそれは、とても魅力的で、挑戦しがいのあるものに
感じたのでした(単純)

そして再び就職活動。
2005年といえば、まだ就職氷河期の末期。
製造業はやっと光が差し込み始めたところで、「ものづくり」に
興味を持った私には、製造業の募集ばかりが目に付きます。

そんななか、「NCプログラマー」「初心者歓迎」の文字が。
プログラミングには以前から興味がありましたし、
(NCプログラムはC言語などとは質の違うものでしたが)
特に何ができるわけでもない者にとって「初心者歓迎」は
ありがたいものでした。

金属加工が何なのかさっぱりわかりませんでしたが、とりあえず応募。
(下調べはしっかりしましょう)

面接→採用(はやっ)

…来る者は拒まず、だったようです。

こうして、普通科高校卒、工業系の経験値ゼロからの格闘が始まったのでした…。

つづく。
posted by center drill at 21:54 | Comment(1) | はじめに

就職してみて

金属加工の、今の会社に就職したときの私の能力。
高校普通科卒。
手先はあまり器用ではありません。
工業系の知識は…皆無。

正直言って、ネジをどっちに回すと締まるかどうかもあやふや
教育係の人も頭を抱えていました。

金属加工についても、さっぱり解っていませんでした。
そもそも、金属を刃物で削るって、一般人は知らないのではないでしょうか?
金属を思い通りの形にする場合、高温で溶かして、型の中に入れて
冷まして固める…っていう、鋳物ぐらいしか思いつかず。
(今なら、これだけでは無理ってわかりますが…知らないって、恐ろしい)

それでも、最初の1ヶ月はみっちり勉強に当てていただいたおかげで、
少しは分かるようになってきました。
会社としては、ぜんぜん儲からないのに。ありがたいことでです。

図面の見方、検査具の使い方、NCプログラムの基礎、刃物の知識。
憶えなければならないことは山のよう。
ボール盤やフライス盤、旋盤なども触らせてもらいました。
(映画「ロボコン」を観ていると、高専など工業系では当たり前の
ように使用するのですね。初めて見たときはびっくりしました)

数学も…不安だったので、高一の数学をやり直しました。
参考書もチャート式の一番簡単なヤツを買って(笑)。
三角関数、難しい公式はいらないけれど、基礎は必須なのですね。

しかし、気になることが。

…教えてもらう内容が、なんだか現場向き。
…やっぱり、座り仕事はさせてもらえませんか。

不安を抱えたまま、ひと月が過ぎてゆきます…

つづく
posted by center drill at 21:18 | Comment(0) | はじめに

そして、現場へ…

1ヶ月の教育機関も終わり、現場へ配属となりました。

…あー、やっぱり現場を経験しないといけないのですね。
体力に自身の無い私は、不安でいっぱいでしたが、
今から考えると、現場を体験できて良かったと思います。
(今も変わらず、現場仕事ですが)

ちなみに私の仕事はいわゆる「段取り」です。

工程設計者から渡された工程指示書と図面をもとに、
プログラムの作成、治具の手配、刃物の選定を行い、
実際に、一通りの加工をMC(マシニングセンター)を操作し、
うまく製品が加工できることを確認します。

そして、オートで流せる状態にしたら、資料を作成して、
オペレーターの方に残りの製品を加工してもらうように
引き継ぐ、という仕事です。

ここまで書いていて思ったのですが、この仕事、
やはり、初心者には憶えなければいけないことが多いです。
もちろん、どんな仕事も、憶えなければいけないことは
山のようにあって、段取りだけが特別多いわけではありません。

しかし、この作業、一通り憶えないことには、自分が受け持てる
仕事はほとんど無いです。

それに気が付かず、先輩の後ろで作業をぼーっと見続けていた私…。
あほです。
これでは、いつになっても仕事を回してもらえません。

それに気が付いたのは、段取りとして現場に配属されてから3週間後。
すみません、本当にあほです。よくクビにならなかったものだ。

少しでもわからないことは、先輩に聞いて、こまめにメモする
ようにしました。

あっという間にメモの山。
最初からそうすればいいものを(社会人には常識)。

…このサイトでは、そのメモのうち、初心者の方に役に立ちそうな
情報を載せていきたいと思います。

拙い内容も多いかと思いますが、どうぞ、よろしくお願いいたします。
posted by center drill at 21:19 | Comment(0) | はじめに

このサイトについて

「金属加工!?ものづくり初心者のメモ帳」へお越しいただき、ありがとうございます。

こちらは、金属切削加工業の、初歩的な知識を紹介していく個人運営のブログです。
特に、段取りを担当している方の勉強になるかと思います。

間違った記述の無いよう、注意しておりますが、使用している工作機械、会社ごとの習慣などによっては、内容が合致しない場合もあります。
また、このサイトの内容が元で、トラブル等がありましても、責任をとることは出来ません。

特に、マシニングセンターの操作や、NCプログラムの作成は、ミスが元で、重大な事故や損害が発生する恐れがあります。
実際の作業のでは、十分に検証、確認をしていただきますよう、よろしくお願いいたします。

もし、問題点のご指摘やご意見がありましたら、各記事の下部にあります、Comment(コメント)欄をご利用ください。

最近、コメントやアクセス数も増え、非常に嬉しいのですが、その分責任も感じるようになり、このような記述を追加いたしました。
出来る限り頑張って行きたいと思いますので、今後とも、よろしくお願いいたします。


管理人 center drill
posted by center drill at 17:58 | Comment(2) | はじめに

プライバシーポリシー

このサイトは、GoogleのAdSense広告を利用しております。
Googleの配信している広告は、 cookieを使用しています。
このcookieにより、当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、読者の方へ広告を配信しております。
また、Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。
posted by center drill at 18:05 | Comment(2) | はじめに
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。