4.ワーク(製品)のセット

治具の確認がすんだら、製品をセットします。

製品を固定した状態で、ずれる心配がないか、
固定具が刃物に干渉しないか、よく確認しましょう。

このあたりの検証は、外段取りで行なうことなのですが、
実際に製品をのせてみないと、問題に気が付かないこともあります。

また、クレーンを使わないとセットが出来ない製品の場合、
吊り具のことを考えていないと、
ものすごくセットがしにくい場合があります。

製品にタップ穴がある場合はアイボルトで吊れますが、無い場合は、
万力などを使う必要があり、のせるのが難しくなるのです。
このあたりは、現場経験の長い、玉掛け作業に詳しの先輩に
相談するとよいでしょう。

また、製品を裏表逆、または上下逆にセットしてしまう
危険性がないか確認しましょう。

間違ってやりそうなことは、そのうち絶対に間違います。

改善にもなることですし、問題の芽は早めにつみ取って
しまいましょう。

逆セット防止は、ポカよけピンで逆にセットできないように
してしまうとか、目印をあらかじめ付けておく、などがあります。
posted by center drill at 22:26 | Comment(0) | 内段取り作業
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。