現場の必須アイテム

現場での作業でよく使う道具を書きます。
会社が支給してくれる場合は、ラッキー、と思いましょう。

だめなら…ホームセンターへ行きましょう。

・定規(金サシ)



画像:金物の専門通販アルデ


製品のおおまかな寸法や、工具のアプローチ確認によく使います。
工具の干渉を見るのにも便利なので、いつも持っていたい道具です。


・安全靴
ミドリ安全 歩くための、 歩いても疲れにくい フラットソール 安全靴 樹脂先芯 WK310L

足を守る、作業用の靴です。
2000円くらいからありますが、高いものは1万円を超えます。
自腹を切るのなら、最初のうちは3000円くらいのもので
良いと思います。
(安いものは安全靴ではなくセーフティシューズといいますが、
よほど危険な現場でなければ、こちらで大丈夫だと思います)

あとは、作業現場の危険度と相談して、投資しましょう。

選ぶポイントとしては、油の多い現場なので、
耐油性と底面の滑りにくさに重点を置いて、検討するといいと思います。


・ヘルメットの汗対策



画像:金物の専門通販アルデ


工場内は危険なので、ヘルメットを着用していると思います。
問題は、夏場は暑くて蒸れること!
対策商品もいろいろあるので、自分に合うものを
探してみてください。


・関数電卓
カシオ関数電卓 FX-912ES-N

三角関数など、普通の電卓にはできない複雑な計算をする、
優れものの電卓です。
この業界に入るまで、こんな便利なものがあるとは知りませんでした(笑)。
ホームセンターのほか、家電店でも見かけます。

2000〜3000円はするので、少し高いですが、図面を読むときや
段取りには必須だと思います。

迷ったらとりあえず、
三角関数(sin,cos,tan)と逆三角関数(sin-1など)とπ(3.14…)が
使えれば充分なので、サイズや値段で決めましょう。
posted by center drill at 22:10 | Comment(0) | 基礎知識
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。