刃物の種類・切削工具編

穴あけ以外の、形状加工のための刃物です。

<切削工具編>
・カッター
イスカルジャパン(株) イスカル X ミル2000/カッタ 3M-F90AxD50-22-13 TA式フライス工具

「正面フライス」「フェイスミル」「フルバック」などとも呼ばれます。
(すみません、差がわかりません)
主に上面面削に使います。
刃物がチップになってるのも特徴です。


・エンドミル
強ねじれスクエアエンドミル(3枚刃) 3636 009.000

マシニングセンターの代表的な工具といっても良いかもしれません。
底面と側面が刃になっているので、
穴あけ、側面切削、形状加工と、様々な加工に対応できます。
小さい製品などは、これ一本ですべて加工してしまうことも。

先が丸くなっているボールエンド、傾斜のあるテーパエンド、
粗加工用のラフィングエンドなど、種類も豊富です。


・サイドカッター
岡崎 サイドカッター SCT100X110

側面の溝加工に使います。
刃長のほか、刃厚にも気をつけないといけない刃物です。
posted by center drill at 22:58 | Comment(0) | 工具(刃物)について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。