刃物の種類・穴あけ工具編

マシニングセンターでよく使う刃物を紹介します。

<穴あけ工具編>
・センタードリル
ディキシ超硬ncセンタードリル(超硬合金)(先端角 1106−16.0

 ドリルの進入を安定させるためのセンターモミをする刃物です。
 先端角が90度のものが多く、簡単な面取りも行えます。


・ドリル
超硬付刃テーパーシャンクドリル Td 45

 穴あけ工具の代表格です。
 比較的容易に、安価に穴あけができます。
 ただし、穴の精度はイマイチで、いわゆる「バカ穴」になります。


・リーマ
岡崎精工(株) 岡崎 マシンリーマ5.0mm MRT1X050 リーマ

 精度の高い穴を開けたいときに使います。
 ボーリングの使えない、小さい穴にも対応できます。


・ボーリング
三菱マテリアルツールズ(株) 三菱 ボーリングホルダー S20QSTFCR16 TA式旋削工具
 精度の高い穴を開けるときに使います。
 径の調整が最初のうちは難しいですが、
 慣れるとリーマより便利です。


・タップ
SK ねじ切中タップ メートルねじ用並目 M2×0.4

 ねじ穴を加工するための工具です。
 下穴と深さの調整が少し難しいです。
posted by center drill at 23:12 | Comment(0) | 工具(刃物)について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。