マシニングセンターの主な装置

おおまかにマシニングセンターの装置を説明します。
絵が雑でごめんなさい。

MCの各部位

ツールマガジン
ツールチェンジをするための工具を格納しておく場所です。
大きな機械では、100本以上の工具を差しておくことができます。

主軸
工具をくわえ、回転する部分です。
ここの精度が、そのまま加工の精度に直結する、
マシニングセンターの生命線ともいえる場所です。

パレット
治具や製品を載せる台です。
機械によっては、軸移動をするために
主軸ではなくパレットが動くものもあります。

パレットは1つとは限らず、複数のパレットをチェンジできる
マシニングセンターもあります。

操作盤
機械を操作するための操作盤です。
自動モードのほか、手動で主軸を動かしたりすることもできます。
エラー表示や、内部設定など、たいがいの操作はこれで行います。
posted by center drill at 22:12 | Comment(0) | MC(マシニングセンター)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。