テキストエディタ

NCプログラムをPCで編集するときお世話になるのが、
テキストエディタです。

ワープロソフトと混同されることがあるので、比較しておきます。

<テキストエディタ>
・文字情報のみを編集するソフトウェア。
・WINDOWSの「メモ帳」、「秀丸エディタ」などが該当する。

<ワープロソフト>
・文字を修飾して表現するためのソフトウェア。
・印刷を前提としたレイアウトやデザインが可能。
・Officeの「Word」や「一太郎」が該当する。

…となります。

「Word」などでNCプログラムを編集できないことはないのですが、
テキスト編集には余計な機能が多いですし、
保存形式の指定の必要など、面倒です。

最初のうちは「メモ帳」でも充分だと思います。
ただし、大きなプログラムを編集するようになると、
便利な機能がほしくなります。

・複数置換機能
 (いっぺんに複数の単語を置換します)
・フォルダごと置換
 (同じフォルダ内の全てのファイルを一度に置換!)
・マクロ機能
 (同じ作業の繰り返しに便利です)
・ファイル比較
 (複数のファイルの相違点を表示します)

以上のような機能が、使っていて、特に便利だと感じる機能です。

テキストエディタは、フリーのソフトもたくさん出回っていますので、
いろいろ探してみることをオススメします。

また、勤めている会社が有料のテキストエディタを購入している場合、
そのテキストエディタを極めてしまうのが早道だと思います。
有料な分、機能が充実していることが多いです。

テキストエディタの使いこなしは、プログラム作成のペースに
影響してくるので、しっかり勉強しておきましょう。

※このサイトでは、秀丸エディタの簡単な解説を、
そのうち行ないます。(そのうち…)
posted by center drill at 21:42 | Comment(0) | パソコン関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。