NCプログラムの基本ルール

NCプログラムはアルファベットと数字の組み合わせで表現します。

例)
G00 X150.0 Y200.0

「G00」は早送りの意味ですので、
「早送りで X150 Y200 の位置へ移動」という指令になります。

上記のように、数字の前には必ずアルファベットが付きます。

また、原則としてアルファベット・数字・記号は全て、
半角文字を使います。

これはPCでプログラムを組むときに注意してください。
半角文字と全角文字は見た目では区別が付きにくいものもあり、
思わぬエラーになります。
(このミスに気が付かず、機械の前で30分悩んだことがあります)

文字入力は必ず半角モードで!
やむ得ず全角で打っているときは、「F10」キーで変換すると
強制的に半角変換になります。
「F10」キーを押す癖をつけておくといいかもしれません。

あと、XYZなど、座標を指定するアルファベットのあとには
小数点を付けましょう。
機械によっては、小数点が無いと、最小単位を1の位とした数値に
判断してしまうようです。

つまり「Z100」と入力すると、原点から高さ100mmの位置ではなく、
最小単位1/1000mmの100倍、0.1mmの高さに移動してしまう
危険があります。
posted by center drill at 12:07 | Comment(0) | NCプログラム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。