段取り作業の流れ・内段取り編

内段取り
(機械での作業)

1.工具のセット、データ入力
機械のツールマガジンに工具をセットして、
ツールNo.を機械に入力します。
間違いが起こりやすい作業なので、慎重に…。

2.ワークの計測
搬入時の検査が終わっていても、だいたいの寸法は
自分で確認しておいたほうがよいでしょう。
イラストにして、数字を記入しておくと、あとで便利です。

3.治具のセット・加工
機械のパレットに、治具をセットします。
必要があれば、治具の加工もしてしまいます。
あと、この作業のメインは、通り出しと原点出し。
これをやっていると、技術屋さんっぽいなあ、と実感します(笑)。

4.ワークのセット
加工するワーク(製品)を治具に載せて固定します。
セットしにくくないか、間違ったセットをしてしまうことが
ないか、確認しましょう。

5.ワークの加工
工具長の確認、エアーカット、試し加工などをしながら、
製品を加工します。
加工のたびに寸法の確認も。
この作業は少し間違えると機械故障の事故や製品不良に
直結するので、非常に神経を使います。

6.検査
寸法などが全て指示通りの内容に加工できているか、
検査具を使って確認します。
ダメなら修正加工、プログラムの調整を実施します。
治具から取り外さないと確認できない寸法が、公差外だったりすると、
かなり泣けます。

1〜6を繰り返して、全工程を完了させれば、製品の完成です。
段取りとしては、あとは製品をオートで流せるように、
資料を作成して、オペレータに引き継ぎます。
posted by center drill at 21:13 | Comment(0) | 内段取り作業
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。