MC(マシニングセンター)とは?

難しい定義はよくわからないのですが、
MCとは、

NCプログラムで制御でき、
工具が自動で交換できる フライス盤 兼 ボール盤


のようなものだと思います。

簡単に言うと、「自動で金属加工ができる大きな機械」です。
↓ツガミのMC
http://www.tsugami.co.jp/product/machining/tate/va32a.html

・オートメーション化された、工場のような大量生産は
できないけれど、小回りは効くし、工夫次第でそれなりの
大量生産も可能。
・旋盤屋さんのように、細かくて、臨機応変な作業は難しいけれど、
数値制御で、高い技術が無くても品質の高い加工が可能。

といった、特徴があります。
中品種中量生産〜多品種少量生産に向いた機械と言えるでしょう。

また、「高い技術が無くても品質の高い加工が可能」は
結構重要です。

初心者にはありがたいことに、熟練の技術が無くても、
操作する知識だけでそれなりの製品が加工できます。

反面、どれほどの年月、仕事をしていても、新人にある程度の
レベルまでは簡単に追いつかれてしまう、ということでもあります。
これは、中国をはじめとする外国との競争にも当てはまりますし、
MCの経験だけで一生食べていくには、なかなかの覚悟が必要だと
予想されます。

知識以外の何かを身に付け、他者に追いつかれないよう、
更なる努力が必要…。

でも、まあ、初心者はとりあえず憶えることだらけです。
先のことは頭の片隅に置いておいて、地道に行きましょう〜。
posted by center drill at 23:58 | Comment(0) | MC(マシニングセンター)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。