私が金属加工の世界に飛び込んだ経緯

ときは2005年。
愛知万博開催。

当時、ハードな残業と、無茶な転勤に疲れて前の職場を去った
私は、仕事も見つからずに鬱々とした日々を送っていました。
(前の業種はサービス業系)

何もしないでいることにも耐えかね、気分転換に愛知万博へ。
愛知万博といえば、トヨタ
トヨタといえばものづくり

万博の興奮冷めやらぬ私は、トヨタ式に関する本を手に取りました。

それまで、ものづくりと言えば、手先が器用か、体力勝負の
工場仕事のイメージ。

器用でなければ、体力もない私には縁の無い世界だと思っていました。
しかし、トヨタ式の極意はアイデア勝負。
なんだかそれは、とても魅力的で、挑戦しがいのあるものに
感じたのでした(単純)

そして再び就職活動。
2005年といえば、まだ就職氷河期の末期。
製造業はやっと光が差し込み始めたところで、「ものづくり」に
興味を持った私には、製造業の募集ばかりが目に付きます。

そんななか、「NCプログラマー」「初心者歓迎」の文字が。
プログラミングには以前から興味がありましたし、
(NCプログラムはC言語などとは質の違うものでしたが)
特に何ができるわけでもない者にとって「初心者歓迎」は
ありがたいものでした。

金属加工が何なのかさっぱりわかりませんでしたが、とりあえず応募。
(下調べはしっかりしましょう)

面接→採用(はやっ)

…来る者は拒まず、だったようです。

こうして、普通科高校卒、工業系の経験値ゼロからの格闘が始まったのでした…。

つづく。
posted by center drill at 21:54 | Comment(1) | はじめに
この記事へのコメント
初めまして
Posted by 30歳からの挑戦 at 2008年07月10日 12:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。