NCプログラムに便利な秀丸機能その3

<「NC プログラムに便利な秀丸機能その2」へ

<複数のファイルを一度に置換する方法>
マクロ機能の紹介の前に、
置換機能を、もうひとつだけ紹介しておきます。

NCプログラムは、大きなものになると、
サブプログラムが複数存在する事もあります。
また、改善活動などで、
既存のNCプログラムをまとめて修正する事もあると思います。

そんなときに便利なのが、秀丸エディタの「grepして置換」です。
「検索」→「grepして置換」を選択してください。
「検索」→「grepして置換」

この機能は、指定したフォルダ内のファイルを、
まとめて置換する事が出来ます。
置換したファイルは、上書き保存されてしまうので、
必ずバックアップをとってから実行してください。

ウィンドウが開いたら、検索する文字と、置換する文字を入力します。
grepして置換ウィンドウ

次に、検索するファイルの条件です。
右のアイコンから、ファイルの種類を選択します。
検索するファイル選択

余計なファイルがなければ、「すべてのファイル」で良いと思います。
「*.nc」と直接入力すれば、NCファイルだけを指定する事も出来ます。

次は、フォルダの選択です。
一度に置換したいファイルの入ったフォルダを指定します。
右のアイコンをクリックして、フォルダを選びましょう。
検索するフォルダ

あとは、細かい設定をチェックボックスで確認し、
「置換」をクリックです。
置換開始

確認画面が出るので、良ければ、チェックボックスをクリックして、
「OK」を選択してください。
フォルダの指定を間違えると、大惨事になりかねないので、
確認をお忘れ無く!
確認画面

置換が実行されると、レポートが表示されます。
置換レポート

これで完了です。
「grepして置換」をうまく使えば、作業効率が飛躍的にアップします。
しかし、使い方を間違えると、
意図しないファイルを書き換えてしまうので、注意してください。


<比較的安全な複数ファイル置換>
もし、怖い場合は、もう少し穏やかな方法もあります。
まずは、置換したいファイルを全て、秀丸エディタで開いてください。
複数のファイルを開く

そして、通常の置換機能を選択します。
「検索」→「置換」

ここで、「次の秀丸エディタも続けて置換」をチェックするのです。
「次の秀丸エディタも続けて置換」をチェック

これで置換を実行すると、開いているファイル全てを置換できます。
いきなり上書き保存もされないので、安心です。
数が多いと大変ですが、今のパソコンなら、
30個くらいファイルを開いても、全然問題ありません。
安全を重視するなら、こちらをお勧めします。


>「NCプログラムに便利な秀丸機能その4」へ

posted by center drill at 10:14 | Comment(0) | パソコン関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。