切削条件 計算のまとめ

切削速度を求める式は、
計算式「切削速度=主軸回転数×直径×π÷1000」
切削速度 = 主軸回転数(S) × 直径 × π ÷ 1000です。

式を変形して、主軸回転数(S)を求める式にもなります。
主軸回転数=切削速度×1000÷直径÷π
主軸回転数(S) = 切削速度 × 1000 ÷ 直径 ÷ π

主軸回転数(S)から、送り(F)を求めることが出来ます。
送り=主軸回転数刃数×一刃あたりの送り
送り(F) = 主軸回転数(S) × 刃数 × 一刃あたりの送り

一刃当たりの送りを計算したいときは式を展開して、
一刃当たりの送り=送り÷主軸回転数÷刃数
一刃当たりの送り = 送り(F) ÷ 主軸回転数(S) ÷ 刃数
で求めることが出来ます。

<おまけ>
会社の加工プログラムを参考に、切削条件をまとめてみましょう、と書いたのですが、まとめ方の一例をエクセルファイルにしてみました。

sessaku.xls
(Excel2000で作りました。右クリックでパソコンに保存できます)

切削速度と一刃あたりの送りを関数計算させているのですが、未入力だとエラーになっていたり、適当で申し訳ありません。
(記入例の切削条件も適当なので、ご了承下さい)
参考になれば幸いです。
エクセルで作った切削条件一覧表
posted by center drill at 17:10 | Comment(0) | 工具(刃物)について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。