一刃あたりの送り

「送り」について詳しく説明します。

送りの速さで、刃が一度に削る量が決まる!

上の図は、被削材の側面を加工する様子を、上から見た図…だと思ってください。
(灰色のが刃物、クリーム色のが被削材です)
ピンクの部分が、刃が当たったとき、一度に削る量だとします。
送りを速くすると、このピンクの面積が大きくなってしまうわけです。
つまり、刃物が一度に削る量が増えてしまうのですね。
当然、マシニングセンターや刃物にかかる負担も増えてしまいます。

そこで、送りを半分にすれば、削る量も減るわけですが…
送りを半分にする?回転を倍にする?刃の数が倍のツールを使う?

加工時間が延びてしまうのは、よいことではありません。
上の図のように、一度に削る量を半分にするのは、送りを落とす方法だけではありません。

ひとつは、回転数を倍にする。
送りの速度がそのままで、回転が倍になれば、刃が一度に削る事になる量は半分になります。
ちょうど、2番目の図と同じになります。

もう一つは、刃物の刃数が多いものに変更すること。
2枚刃の刃物を使っていたなら、4枚刃に!
1回転の間に2回削るよりも、4回削るなら、回転数を倍にするのと同じ効果が得られるわけです。

「刃の数が多い刃物ほど送りを速くできる」
単純ですが、重要です。


まとめると、「送り」に影響するのは、「回転数」と「刃数」。
計算式にすると、
送り=主軸回転数刃数×一刃あたりの送り
送り = 回転数 × 刃数 × 一刃あたりの送り

となります。
「一刃あたりの送り」って何だ?という感じですが、これは「切削速度」と同じ、係数のようなものです。

エンドミルで、アルミの仕上げだったら、「0.02」くらいかな?
というように、感覚的に覚えていくしかありません。
先輩の作ったプログラムをのぞきながら、上の計算式で割り出してみると良いでしょう。
posted by center drill at 23:13 | Comment(0) | 工具(刃物)について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。