プライバシーポリシー

このサイトは、GoogleのAdSense広告を利用しております。
Googleの配信している広告は、 cookieを使用しています。
このcookieにより、当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、読者の方へ広告を配信しております。
また、Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。
posted by center drill at 18:05 | Comment(2) | はじめに
この記事へのコメント
現在 加工の勉強を始めました。
このホームページを見て 加工条件の算出を覚えていますが 根本的なことが私にはわかりませんので もしよけれがもう少し具体的に教えてもらえないでしょうか。
わからないことは 
 @ 図面を見て 回転数を何を基準で出すのか?
 回転数の求め方の公式はありますがその式の中に切削速度があり切削速度を求めるには回転数が必要です。  

A送りスピードは何を持って求められるのか?
Posted by 渡部正利 at 2009年10月24日 23:26
>渡部さん
コメントをありがとうございます。
わかりにくい説明で、申し訳ございません。
記事は後日加筆修正いたしますが、とりあえず質問にお答えします。

ご指摘のとおり、回転数、切削速度、送りは、基準がないと、計算できません。
これらを調べるのには、

・これまでの加工実績を参考にする(会社のノウハウ)。
・工具カタログを参考にする。

…という方法があります。

同じ材質の加工をしたことがあれば、そのNCプログラムを参考にすることで、回転数と送りがわかります。
それを元に計算して、切削条件を決めます。

それが出来ないときは、工具カタログを参考にします。
工具カタログには、だいたいの目安となる切削速度か回転数、送りが載っています。
メーカーによっても違いますが、工具径ごとに回転数と送りが一覧になっていることもあるので、そのまま使える場合もあります。
WEBサイトで公開しているメーカーも多いです。
例:オーエスジーhttp://www.osg.co.jp/products/


ただし切削条件は、工具の突き出し長さや、加工方法、被削材の材質、クランプ状態によって大きく変動します。
加工してみたら、うまく削れなくて、条件を落とすこともあるので、ご注意下さい。

わかりにくい点がありましたら、またご指摘いただければ幸いです。
Posted by center drill at 2009年10月25日 21:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。