「CW」と「CCW」

NCプログラムのGコード表で、時々見かける言葉です。

CW」は「clockwise(クロックワイズ)」の略で、
「時計回り=右回り」のことです。
Gコードで言うと、円弧切削右回りの「G02」ですね。

対する「CCW」は「counterclockwise(カウンタークロックワイズ)」です。
「時計と反対回り=左回り」のことになります。
円弧切削左回りの「G03」が該当します。

「clock(クロック)」が時計のことなので、そこだけ覚えていれば、後は何となくわかると思います。
たまにしか使わないので、突然出てくると、頭の中で、必死に変換することになります…。
posted by center drill at 14:54 | Comment(0) | 用語解説
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。